カップジェラートをセットでご購入
カップジェラートを単品でご購入

お誕生日やパーティーにジェラートケーキでお祝しよう!

TV・雑誌でご紹介いただきました
ご注文いただいてからお届けまで、現在は1週間以内でのお届けとなっております。
なるべく早くお届けできるようにがんばります。
なお、お支払方法が振込の場合は当方での確認後の出荷となります。
また、初めて代引きにてご注文された場合は当方からのメールにご返信頂いてからの出荷となる場合がございますのでその節はよろしくお願い致します。
みなさまには大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願い致します。

只今、ご賞味いただけるジェラート(アイスクリーム)

 
クリーミィクリーミィ 松屋町の抹茶 シチリアのピスタチオ へーゼルナッツ

【クリーミィクリーミィ】

容量:100ml  価格:324円

まずはこれを食べてみて下さい! 新鮮な北海道ミルクを使ったシンプルで奥の深~いジェラートです。 乳脂肪分5%で、卵を使用しません。 低カロリーですし、卵アレルギーの方にも 安心して召し上がって頂けますよ。 創業当初からのベストセラー。

【松屋町の抹茶】

容量:100ml  価格:324円

大阪は松屋町(私たちは”まっちゃまち”と呼びます)の 空堀商店街にあるお茶のお店「宮下宇治茶園」。 私たちが絶大な信頼を寄せる店主が選ぶ抹茶をジェラートにしました。 抹茶嫌いの方も、きっとお召し上がりになれますよ。

【シチリアのピスタチオ】

容量:100ml  価格:756円

イタリア・シチリア島ブロンテ村産のピスタチオは世界最高品質と言われています。そのピスタチオをふんだんに使ったこのジェラートは、まさに世界最高・最強!?ぜひお楽しみ下さい。

【へーゼルナッツ】

容量:100ml  価格:378円

イタリア語では「ノッチョーラ」。イタリアで食べてとっても気に入った方も多いのでは?コクがあって香り高いジェラートです。

ベルジャンチョコレート アモーレ・デッラ・ルーナ シチリアのピスタチオ イタリアンオレンジ

【ベルジャンチョコレート】

容量:100ml  価格:324円

ベルギー・カレボー社製クーベルチュールを使ったジェラート。 まさに「冷たい生チョコ」のような味わいが楽しめます。 コクがあってミルキーで「チョコレート食べている」ということが 実感できますよ。とってもオススメ!

【アモーレ・デッラ・ルーナ】

容量:70ml  価格:432円

日本語にすると「月の愛」。丹波篠山の名酒「秀月」の酒粕を隠し味に使った濃い目&苦めのチョコレートジェラートです。 2011年イタリア・リミニでの国際ジェラートコンテスト課題部門において第4位入賞を果たしました!

【馬路村のゆず】

容量:100ml  価格:378円

高知県馬路村の無農薬ゆずの果汁とはちみつを使ったシャーベットです。 このゆず果汁はなんせ香りが素晴らしい!これはゆずの実 をまるごとしぼり、果皮に含まれるゆずオイル も含んでいるから。 油っこい食事の後にも、さっぱりしますよ。

【イタリアンオレンジ】

容量:100ml  価格:324円

イタリア・シチリア島特産の実の赤いオレンジ「ブラッドオレンジ」果汁100%を使った シャーベットです。ちょっとグレープフルーツみたいな感じもしておいしい。牛乳不使用。

http://item.rakuten.co.jp/circo/807731/ アルフォンソ アルフォンソ アルフォンソ

【和田萬の黒ゴマ】

容量:100ml  価格:324円

大阪・和田萬といえばごまにかけては右にでるものがない超有名な老舗。その和田萬特製黒ごまをたっぷりと使い、体にもおいしいジェラートになってます。

【フロマージュ】
new

容量:100ml  価格:324円

フランス産クリームチーズを混ぜ込んだジェラートです。ミルクのジェラート「クリーミィクリーミィ」にコクをプラスした感じ。

【完熟マンゴーのシャーベット】new

容量:100ml  価格:432円

インド人の友人は言いました。アルフォンソマンゴーこそ世界で一番美味しいマンゴーだと。彼が世界中のマンゴーを 食べてみたかどうかは分かりませんが。そのアルフォンソマンゴーを使ったシャーベットです。牛乳不使用。

【丹波篠山の黒豆きなこ】
new

容量:100ml  価格:378円

黒枝豆でも有名な丹波篠山。乾燥させて黒豆にしたものを挽いて、きなこにしたものを混ぜ込みました。 きなこの時点で既に、普通に売られているものとは香りが違います。ぜひお試しください。

       

 

 

ジェラートを単品で購入する >>

   
イタリアンジェラートコンテスト第4位
本場イタリアで修業したグラシエミサが愛情込めて手づくりしています

プロフィール

1966年、大阪で菓子問屋・ケーキ店を営む家の長女として生まれる。 まだジェラートという言葉が日本人になじみさえなかった1984年、 FMI(本社・大阪)主催「イタリア・ジェラート徹底研修ツアー」に参加。 2週間で約40軒のジェラテリアを文字通り食べまわる。

1985年3月、北イタリア・サルソマジョーレのジュリアーノ・クラーチ氏に師事。この2つの体験を元に、イタリア人に欠かせないジェラートという食文化を広めようと1985年7月大阪・南船場にジェラテリア・チルコドーロをオープン。 2005年に谷町7丁目に移転し、現在に至る。

2005年11月日本ジェラート協会副会長就任。
2009年9月南イタリア・シチリアでのシェルベスフェスティバル(ジェラート際)に唯一日本人初参加
2011年1月北イタリアリミンでのジェラートコンテスト課題部門にて4位入賞。



アドリア海に面したイタリア東部のリゾート地・リミニ。ここでは毎年1月末に、イタリア中のジェラート関連商品が出展される手作りジェラートの国際見本市「SIGEP(国際手作りジェラート製菓製パン見本市)」が開催されます。

約700社の出展があり、世界中から10万人が視察に訪れます。この見本市の呼び物となっているのがイタリア最大のアルチザン(手作り)ジェラートの団体である「イタリアジェラート協会」(アルベルト・ピカ会長)の主催するジェラートコンテストで、イタリアンジェラートの分野では最も権威あるジェラートコンテストとして知られています。

課題部門と自由部門で世界中から参加した腕利きのジェラテリエ(ジェラート職人)によって優勝が争われるこのコンテストは、本年1月22日~26日に行われ、世界中から約170名が参加。日本からは大阪・谷町でジェラテリアを開く「ジェラテリア・チルコドーロ」からしげきみさと茂木美伸が参加し、課題部門「チョコレートのジェラート」で、チョコレートと酒かすという独創的な組み合わせで作られたジェラート・「アモーレ・デッラ・ルーナ」が、4位入賞を果たしました。




イタリア人の大好きな「チョコレート」ジェラートの隠し味に、日本的独特の素材の一つ「酒かす」を用いることで、イタリアで生まれたジェラートが遠く日本でも定着し、デザートや日々の楽しみとして愛されてることへの感謝を表現しました。

独自のホワイトベースに2種類のチョコレートを配合。兵庫県丹波篠山「秀月」の酒かすを隠し味にいれることで、イタリア人の大好きな「ダークでビターなチョコレート」をより奥行き深いものに仕上げることができました。 ほんのりと残る日本酒の香り、ふくよかな味わいは、この酒かすの効果だと思います。